一狩りいこうぜ!!    コチョウゲンボウ

16日
当日は結局降ったり止んだりを繰り返し、明るくなったり暗くなったりだ。
にわかに掻き曇り暗く吹雪の様相を呈してきたとき、空中に浮かぶ白い物体。
なんだ、ありゃ?
と、確認してみるとハイチュウだ。(ハイイロチュウヒ)
なんてこった、まったく期待しても居ない相手に遭遇とは。
そう、鍋田干拓の堤防を隔てた向こう側、木曽崎干拓にメガソーラーシステムが設置されて以来、私の中ではもうまったく会えないものと決め付けていたので、最近ほとんど鍋田干拓にきていなかったので、本当に意外。
しかし、まだ来てくれていたことに感謝、大変うれしいことだ。
見つけた場所が距離があるのでちょっと迷ったが、しばらく動いていないようなので、写せるとこまで、移動。
車を止め探す、一瞬見つけたがすぐに見失った。
すると逃げていた小鳥たちの動きに異変が・・・。
ハイチュウから逃げていたのに、反対からも飛び立ち、右往左往のパニック状態。
「何々??」と周囲を見回すと反対方向で、バシッ!!っと狩を成功させた瞬間が目に飛び込んできた!
そのままそ奴は田んぼの中央にトスンッ!と着地、しばらく獲物を黙らせるのにバタバタしていた。
しかし、今のは黒っぽかったぞ、大きさからしてコチョウゲン・・・・・・カナ?
画像

田んぼの中央で食べるのははばかられるのだろう、しばらくして獲物を抱えて畦の際に飛んでいった。
これはチャンス道から近い、が、獲物を放棄させては彼らの生死にかかわるので慎重に接近する。
しばらく羽を乱暴にむしっていた動作がひと段落したところで、ゆっくり時々とまって証拠写真をGetしながら近づき、いつもより、ちょっと遠いぐらいで本撮影開始。
思ったとおりコチョウゲンボウ、獲物はヒバリだ。
画像

小さいくせによくヒバリほどの大きなものを持って飛べるものだ、すごい。
なかなか貴重な食事シーンをたっぷり堪能していたら、急に慌てて食べ始めたので前を見ると鳥屋の車。
しかし、その後ろから一般通行車も来た。
一般人優先なので、「この雪大丈夫かな~。」と思いながらもバックで雪がかなり積もっている路肩へ寄せる。
前方の鳥屋も前進しながら路肩へ寄せ、一般車が脇を抜けるとき、飛ばれてしまった。
一本先の畦、ちょっと離れた場所に再び降りている。
すると前方の鳥屋がUターン。
しばらく落ち着かせればいいのに・・・・、と思ったが、あれ?そのまま行ってしまった。
どうやら彼から見ると後方へ飛んでいったので見失っていたようだ。
画像

まあ、そこそこ撮らせてもらったし、ちょっと遠いので、食べ始めたのを確認してその場を離れることに。
かなりあわてて食べようとしていたので気の毒なことだし。
結局、一時間ほどしてから同じ場所を確認してみたら、獲物を完食し、畦で休んでいる様子を見ることが出来た。
良かった良かった。楽しかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック